インドネシアから研修生

会社にインドネシアから研修生が二人来ています。
期間は三年なんだけど、今の連中は三代目ですね。
その他に中国からの研修生は、女の子が二人。
あとは、ブラジルの派遣社員が何人もいて、実に国際色豊かな会社ですね。

インドネシア人は最初とっ付きにくいんだけど、たいていはどいつも面白いヤツばかりですね。
けっこうスケベだしね・・・。

で、インドネシアの挨拶なんだけど、

朝のおはようは、スラマッ・パギ

面白いのは、こんにちはが二つあるんですよね。
真昼間は、スラマッ・シアン、なんだけど
夕方になると、スラマッ・ソレ、になるんだそうです。

で、こんばんはは、スラマッ・マラム、だそうです。

発音しにくいな~。

ありがとうが、トレマカシーで、どういたしましてが、サマサマ。
トレマカシーと言われたら、サマサマと返すことになってるそうです。

私が研修生にトレマカシーと言っても、サマサマと返してくれない事があるのですが、そんな時はしつこく、トレマカシートレマカシートレマカシーといってやると、ニヤニヤ笑いながらサマサマと返してくるのでした。
実に面白いやつらですね。

そして、私が大型犬のおしゃれなリードを作っている間、カミさんと娘が、バスツアーの鰤尽くしを食いに行ってました。
天気が悪くてろくに海も見えなかったそうです。

で、お土産で「箱蟹」というのを買ってきました。
一つ450円だそうですが、開けてみたらまだ生きていたので、大騒ぎをしたのです。
凄いですね~。生きたまま売ってるんだね~~~。

ギャーギャーと大騒ぎしながら茹でたんだけど、いい色になりますね。
この箱蟹って、ズワイガニのメスだそうですが、お腹に一杯卵を抱えていて、これが歯ごたえがあって美味しかったです。
小ぶりだから足とかはあまり食べる所が無かったんだけど、内子とか味噌はいい出汁が出て、美味かったですよ。